20:11 2017年10月17日
東京+ 15°C
モスクワ+ 11°C
    9/11

    米国元外交官「9-11テロに関するCIA長官の声明は全くもってナンセンス」

    © AP Photo/ Marty Lederhandler
    米国
    短縮 URL
    1766181

    米国の複数の上院議員及び9-11テロ犠牲者の親族らは、オバマ政権に対し、このテロ事件に関する報告書の極秘部分を公表するように求めている。しかしブレナンCIA長官は「報告書には、取り調べ過程の機密情報が含まれている」と指摘「情報は正確ではない」と述べた。2日、ロシアのテレビ局Russia Today (RT)が伝えた。

    これに対し、元駐サウジアラビア米国領事館の職員、マイケル・スプリングマン氏は「ブレナンCIA長官の発言は、全くもってナンセンスだ」と批判している。

    スプリング氏は、次に様に述べた-

    「ブレナン氏の発言は、ナンセンスとしか言いようがない。彼は、報告書の中に不正確なデータが含まれていると主張しているが、我々自身が自分で、その不正確さの度合いを判断できるよう、データは公表すべきだ。それらを厳しい極秘状態おいてはならない。データがどれほど不正確か分かった段階で、その後で極秘扱いにすればいいのではないか?」

    タグ
    米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント