03:05 2017年10月21日
東京+ 15°C
モスクワ+ 5°C
    マスコミ情報、米国はロシアに戦闘機供給を横取りされないかとハラハラ

    マスコミ情報、米国はロシアに戦闘機供給を横取りされないかとハラハラ

    © AFP 2017/ SABAH ARAR
    米国
    短縮 URL
    11790232

    米上院はカタール、クウェート、バーレーン向けの戦闘機の供給を早急に解決するようオバマ大統領に要請した。ウォールストリートジャーナル紙が報じた。

    同紙によれば、こうした要請が行なわれたのは米の供給決定の遅延が原因で購買国がロシアなど、米のライバル国からの供給に切り替える恐れがあると判断されたため。

    取引総額は90億ドルに達すると見られている。これにはロッキードマーティン社のF-16sやボーイング社のF-15 およびF/A-18 も含まれている。

    クウェート、カタール、バーレーンへの米製戦闘機供給問題は政権内ですでに2年間も足踏み状態。ウォールストリートジャーナルの調べでは、この原因は米連邦法では昔から形式上、米国は中東でのイスラエルの軍事優越を維持せねばならず、こうした優越を侵しかねない地域のパートナーには武器を輸出してはならないことになっているため。

    タグ
    米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント