10:22 2017年03月29日
東京+ 9°C
モスクワ-1°C
    クリントン氏

    クリントン氏のメールボックスをハッキングした人物がFBIに証拠を提出する

    © AP Photo/ Carolyn Kaster
    米国
    短縮 URL
    43044271

    ハンドルネームGucciferとして知られるハッカーがフォックス・ニュースのインタビューで、2013年3月に国務長官退任直後のヒラリー・クリントン氏のメールボックスをハッキングしたと発言した。本国送還後の現在は米国の刑務所に在監中でクリントン氏とは別件で審理にかけられる予定だ。

    クリントン氏自身は今月3日、米ニュース専門放送局MSNBCのインタビューで、自身のメールボックスが海外からハッキングされた証拠の有無について否定的な見解を示した。

    ヒラリー・クリントン氏は、米国務長官在任時、公務に自宅設置の私用サーバーを利用していたことでスキャンダルの渦中にある。FBIはすでに何回かにわたって電子メールに関する問題についてクリントン氏に捜査協力を求めているが、現在のところ公式に刑事責任を問われるような事態には至っていない。

     

    関連:

    米大統領選挙、クリントン氏の勝利は第三次世界大戦をもたらす?
    タグ
    ヒラリー・クリントン, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • unimaro unimaro
      アメリカでも「日本の警察大得意の別件逮捕」を使っているのかww
      冤罪を着せるには最も使える手だからな、でもそれは代用監獄がある日本だから精神拷問できるので自白を作りだせる。アメリカはそれはできるの?グアンタナモのような海外監獄除いて。
      ま、それはそれとしてw
      明らかに国家危険度の非常に高い、むしろ「スパイ」と認定されても仕方がないことをしているヒラリーが、捜査さえ入られていない=権力乱用以外のなにものでもない、んだなぁ、「権力の悪には本当にフリーダムなアメリカ」wwww
      当然もう、そのサーバ無いんだろうけど、、あったら、スノーデンがそれを証明できちゃうんじゃないかなぁ?
      彼、ちょっとトライしてみりゃいいのにw
    • avatar
      tirori_kiku
      人間ではない存在、ヒラリー。
      リビアのカダフィ氏をなぶり殺しにした張本人。

      カダフィ氏は公衆の面前で裸にむかれ、肛門にナイフを突き立てられて亡くなった。
      この大犯罪の主犯はヒラリー。

      カダフィ氏殺害の2日前、
      ヒラリーは現地に乗り込み、ピースサインをして狂気の笑いを浮かべていた。
      一国の軍隊が制圧できないような反政府軍を組織するのはアメリカのお家芸。
      ヒラリーの私的なメールのやり取りで一番知りたいのは、カダフィ氏殺しに関するものだ。

      リビアで善政を敷いていたカダフィ氏はヒラリーというユダヤ人に殺されたが、
      日本を混乱に陥れている安倍氏は殺されない。
      というより、安倍氏は悪魔ユダヤ人・ヒラリーらに保護されている。
      反安倍デモはほぼ毎日起きているが、安倍氏はカダフィのような事態にならない。
      おとなしい日本人が起こす反安倍デモは、いかに安倍氏が反社会的、反民主主義的存在であるかの証なのだが、ヒラリーら米国の金融ユダヤ人たちは民主主義の敵・安倍氏に長期政権を許している。

      安倍氏が 不正選挙 と 不正世論調査支持率 で支えられているのは、ヒラリーらの凶悪な力による。
      凶悪な力が世界を支配している。
      プーチン大統領の存在はその中で唯一の光。
    新しいコメントを読む (0)