02:49 2021年01月26日
米国
短縮 URL
186
でフォローする

米フロリダ州の裁判所は、米国製戦闘機のエンジンを中国に不法に売却しようと試みたとして、米国人女性を起訴した。ロイター通信が伝えた。

報道によれば、この女性は、中国人としめし合わせ、彼に米国の戦闘機F-35, F-22 及びF-16用のエンジンを売却しようと試みた。また彼女は、Hellfire空対地.ミサイル搭載可能な無人機の密輸も計画していたとのことだ。

米国法務省によれば「この女性には、禁固20年の判決が下される可能性もある」。なお判決は、8月19日に下される。

タグ
武器・兵器, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント