22:43 2017年03月28日
東京+ 9°C
モスクワ+ 3°C
    オーランド銃乱射事件 容疑者の元妻 彼は同性愛者だったと語る

    オーランド銃乱射事件 容疑者の元妻 彼は同性愛者だったと語る

    © REUTERS/ Omar Mateen via Myspace/Handout
    米国
    短縮 URL
    2128421

    米フロリダ州オーランドのゲイ・ナイトクラブ「パルス(Pulse)」で銃乱射事件を起こしたオマール・マティーン容疑者は、同性愛の性的指向を持っていた。ニューヨーク・ポスト紙が、マティーン容疑者の元妻がブラジルのテレビ局のインタビューで語った話を引用して伝えた。

    元妻のシトラ・ユスフィーさんは、2009年に3ヶ月間マティーン容疑者と結婚していた。ユスフィーさんの現在の婚約者マルコ・ディアスさんは、花嫁のユスフィーさんに代わり、ユスフィーさんが、マティーン容疑者には同性愛の性的指向があったと考えており、容疑者の父親がユスフィーさんの前で容疑者のことを同性愛者と呼んでいたことを伝えた。

    またディアスさんは、「米連邦捜査局(FBI)が、このことを米国のマスコミには語らないよう彼女(ユスフィーさん)に頼んだ」と述べた。

    警察学校時代の同級生も、マティーン容疑者の同性愛についてマスコミに語っている。同級生は、マティーン容疑者と他の同級生らが一緒に時間を過ごし、警察学校の授業の後で時々ゲイクラブに行っていたと語った。

     

     

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    新しいコメントを読む (0)