07:45 2020年10月26日
米国
短縮 URL
0 26
でフォローする

ブラッフダイル(ユタ州、米国)住民が明緑色のスライムが下水排水から出現したことに怯えている。ライブサイエンスが報じた。

当局は当初これをユタ湖の有毒藻類の開花と見て、住民に脅威を及ぼすものと考えた。しかし、州都の生物学者らが現場に到着して調べたところ、隣接する下水の洗浄後、排水溝に化学洗浄剤と植物の混合したコケが入り、それが緑色の泡になったと分かった。

先に伝えられたところによると、米コロラド州ヒューゴー市当局は、市の水道水の中から向精神物質テトラヒドロカンナビノールを発見した

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント