13:22 2021年01月24日
米国
短縮 URL
128
でフォローする

ウォールストリートジャーナル紙によれば、今年の初めに米当局は投獄されていた4人の米国人の身柄を引き取るため、イランへお金を積んだ貨物機を送っていた。

ホワイトハウス、議会の消息筋、さらには欧州当局者の情報という。それによれば、同機には4億ドル相当のユーロ、スイスフランその他の通貨が積まれていた。

結果、仲介者の助けを借りて、イランと米国の二重国籍者4人が解放された。引き換えに米国側が7人のイラン人を釈放した。

この取引についてはイランとの核合意に署名がなされた後、1月16日に発表された。 翌17日、オバマ米大統領はホワイトハウスで、「核取引が締結され、囚人が解放され、ひとつの紛争が解決されようとしている」と述べた。紛争の性質については明らかにしなかった。

米国防総省のジョン・カービー報道官は、お金がイランに到着した日に米国人が解放されたのは「偶然」だとしている。

先に伝えられたところによると、イランは、米国の20億ドル返却拒否を受け国連司法裁判所に訴訟を起こす準備を整えた。

関連:

イラン、米に20億ドル求め訴訟
タグ
イラン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント