10:46 2020年10月22日
米国
短縮 URL
2483
でフォローする

2012年にリビア東部ベンガジで起きた米領事館襲撃事件の犠牲者の両親が米大統領選民主党候補ヒラリー・クリントン氏を起訴した。フォックスニュースが報じた。

クリントン氏が米国務長官を勤めていた時の2012年に起きた米領事館襲撃事件の結果、大使を含む4人の米国人が死亡した。

起訴状で、ショーン・スミスさんとタイロン・ウッズさんの両親はクリントン氏を「息子の死につながった不正行為、名誉毀損、精神的な損害」で非難している。

起訴状では、クリントン氏の個人のメールサーバーの利用がスミスさんとウッズさんの死を招いたと書かれている。起訴状には次のように書かれている。

「テロリストはクリストファー・スティーブンス大使の位置情報へのアクセスを取得できた」

関連:

アサンジ氏 クリントン財団最大のスポンサーの名を挙げる
ロシア大統領報道官 米民主党にロシアがハッカー攻撃したとの噂にコメント
タグ
ヒラリー・クリントン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント