19:41 2017年08月24日
東京+ 31°C
モスクワ+ 18°C
    宇宙

    米空軍 大気圏最上層部でプラズマ爆弾を爆発させる意向

    © AFP 2017/ Maxim Marmur
    米国
    短縮 URL
    610511548

    米空軍は、地球の大気圏の最上部で、小型人工衛星を利用しプラズマ爆弾を爆発させる計画だ。その目的は、長距離無線通信の質的向上を図るためである。New Scientistが伝えた。

    深夜、昼間よりも、はるかに遠距離の無線信号を受信できることは良く知られている。電離層の変化のおかげで、夜に荷電粒子の密度が増加するため、信号の反射が容易になる。

    米空軍は、直接空気中にイオン化したガスを送る小型の人工衛星CubeSatの助けを借りて、電離層に影響を及ぼす考えだ。このプロジェクトは、無線信号の距離を拡大させるのみならず、GPSシステムに対する太陽風の悪影響を低減させることができる他、敵の人工衛星との通信をブロックすることもできる。

    先に伝えられたところによると、中国は、同国初のモバイル通信衛星「天通1号01」の打ち上げに成功した

    関連:

    NASA、太陽を攻撃した彗星をいかに太陽が爆破したかを世界に公開 (動画)
    最後の月探査機、仕事を終える
    「アポロ」計画の宇宙飛行士らの心臓に神秘的な一連の問題が発生していた
    タグ
    宇宙, アメリカ軍, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント