14:18 2021年06月14日
米国
短縮 URL
317
でフォローする

共和党の米大統領候補ドナルド・トランプ氏が「修正第2条の人々」がクリントン氏を止めるかもしれない、とのフレーズで怒りを買っている。米国憲法修正第2条には武器を所有する権利がうたわれている。

ウィルミントン(ノースカロライナ州)での演説における発言。

このフレーズが批判の嵐を引き起こした。民主党議員デヴィッド・チチッリネ氏は武装反乱またはライバル(クリントン氏)殺害を奨励している、と非難した。

ヒラリー・クリントン氏の選挙本部によれば「トランプ発言は危険だ。米国の大統領を目指す人間はいかなる形であれ暴力を奨励してはいけない」

トランプ氏の選挙本部はこうした非難を否定した。共和党億万長者政治家支持者の主張によれば、発言は修正第2条支持者の「集団的政治力」行使を訴えたものだという。

先に伝えられたところによると、ウィキリークスは、クリントン氏の対ロシア新PR戦略を明らかにした

関連:

トランプ氏 TPP離脱を約束
トランプ氏:米国はロシアと関係を改善し、ダーイシュ打倒に協力すべきだ
タグ
ヒラリー・クリントン, ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント