00:52 2017年02月28日
東京+ 5°C
モスクワ+ 3°C
    米国務省のジョン・キルビー報道官

    米国防総省 イラン軍基地からのロシア航空宇宙軍機による空爆をコメント

    © AP Photo/ Manuel Balce Ceneta
    米国
    短縮 URL
    31540150

    ロシアは、テログループ「ダーイシュ(IS,イスラム国)」戦闘員の基地空爆の際、イラン軍基地を利用することについて、あらかじめ米国に伝えてきた。米国が率いる国際有志連合の公式スポークスマンを務めるクリストファー・ハーヴァー大佐が伝えた。

    大佐は、次のように述べた-

    「ロシアは、シリア上空の飛行の安全に関する米国とロシアの協同行動に関する覚書に従って、有志連合に対し警告してきた。発進は、シリア及びイラク上空における有志連合の作戦に影響を与えなかった。」

    先に伝えられたところによると、イランの空軍基地から離陸したロシアの爆撃機がシリアにあるダーイシュ施設を爆撃した。

    関連:

    米国のリビア、イラク侵略は「致命的ミス」だった
    米国ミルウォーキー、騒乱鎮圧に親衛隊の発動が準備(動画)
    メディア:米国は対テロに1兆費やしたがより安全にはなっていない
    タグ
    米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    新しいコメントを読む (0)