17:30 2019年11月20日
医者、クリントン氏に恐ろしい診断を下す

医者、クリントン氏に恐ろしい診断を下す

© AFP 2019 / Saul Loeb
米国
短縮 URL
3395
でフォローする

米大統領共和党候補のヒラリー・クリントン氏は幾度も奇妙な振る舞いをキャッチされた。これはおそらく、疲労やストレスに起因するものだろう。しかしマスコミは、ただのストレスだけではないと疑っている。

マスコミはお互いをさえぎりあいながら、クリントン氏の医療データを複製している。
フォックスニュースがいわくクリントン氏の病歴からの抜き出しだと言い、次のように報じている。

「患者は2012年12月初めに発生した脳震盪の余病をわずらっている、患者には記憶喪失、手に負えない発作、意識の混濁が頻繁になっている。患者にはすでに「複雑部分発作」の診断が下された

また、クリントン氏は非常に奇妙な症状でたびたびキャッチされている。共和党を非常に巧みにコピーしていると考えながら、ワンワンと吠えた。ふさわしい場所だったようではあるが、適切である時間よりも物まねを非常に長く続けた。

これは全ておそらく疲労やストレスに起因するものだろう。しかし多くの有権者は、このような深刻な診断を下されたクリントン氏が大統領としてやっていけるのかを疑っている。

関連:

ヒラリー・クリントン氏、地下鉄の改札で苦戦(動画)
ヒラリー・クリントン氏、UFOに関する情報の公開用意あり
タグ
ヒラリー・クリントン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント