00:13 2017年11月21日
東京+ 5°C
モスクワ+ 2°C
    トランプ氏、クリントン前国務長官

    世論調査:クリントン氏かトランプ氏という選択に米国人半数が不満

    © REUTERS/ Craig Lassig/Jay LaPrete
    米国
    短縮 URL
    4766100

    共和党のドナルド・トランプ氏と民主党のヒラリー・クリントン氏のどちらかからしか大統領を選べないことには、57%の米国人が不満に思っている。ABCテレビとワシントンポスト紙の合同調査のデータによる。

    また、第3の候補者に投票したいという希望を表明したのは回答者の35%に上る。

    代替案として最も多く回答者が名指したのは、候補を取り下げた民主党のバーニー・サンダース氏と共和党のテッド・クルーズ氏だ。

    調査には231人が参加し、8月18日と19日に実施された。

    先に伝えられたところによると、米国の俳優レオナルドデカプリオは、米大統領選民主党候補ヒラリー・クリントン氏の選挙資金集めパーティ出席を辞退した

    関連:

    トランプ氏:米国のアフロアメリカンの生活は、大惨事だ
    トランプ氏 初の選挙前TVスポット(動画)
    タグ
    選挙, ヒラリー・クリントン, ドナルド・トランプ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント