01:01 2018年09月26日
Apple

イスラエル Appleユーザー監視アプリを配信

© REUTERS / Suzanne Plunkett
米国
短縮 URL
3217

イスラエルの電子監視用コンピュータープログラムメーカーNSOグループは、米Appleが製造したオペレーション・システムiOSの脆弱性を利用し、機器への無断アクセスに成功した。新聞The New York Timesが報じた。

記事の中では「NSOグループのプログラムを使えば、送られてきたテキストやメールを読むことができ、電話やコンタクトを監視できる。またその助けを借りて、音声録音もでき、さらにパスワードをメモし携帯電話ユーザーの居場所も知ることができる」と指摘されている。

スパイプログラムに関する情報が明らかになった後、Aple社は、iOSの最新バージョン「iOS 9.3.5」をリリースした。すでにユーザーによりアップデートがなされている。
新聞The New York Timesは、このプログラムは特に、アラブ首長国連邦の政治家達を監視してきた、と指摘している。

先に伝えられたところによると、グーグルは、スカイプに似たビデオ通話アプリ公開した

関連:

Apple、フレキシブルディスプレイ搭載のデジタル新聞開発
Apple、ウーバーのライバル社に10億ドルの投資へ
Google、Apple株下落により世界で最も高価な会社の地位を奪還
タグ
テクノ, イスラエル, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント