14:55 2020年08月09日
米国
短縮 URL
0 161
でフォローする

米国防総省の諜報局は中国に関する批判的内容のツイートについて謝罪した。

国防情報局公式アカウントが中国のG20サミットにおける米国オバマ大統領の冷遇について記したニューヨークタイムズの記事へのリンクを含む、「いつも通り、中国のハイクラス」との添え書きのある投稿を行った。

数時間後に投稿は削除され、「国防情報局の見解を反映しない記事へのリンクをもつ投稿が先にこのアカウントから誤って公開された。お詫び申し上げる」との表示が出た。

​昨日オバマ大統領が中国のG20サミットに到着した際、空港で米国機にタラップが与えられず、オバマ大統領は時機の折り畳みはしごで降りることを余儀なくされ、メディアの注目を浴びた。

関連:

米国 対ロシア制裁拡大
ラヴロフ外相 米国を疑う:生物学的研究は「全く平和的ではない」のではないか
タグ
バラク・オバマ, 中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント