05:26 2017年12月14日
東京+ 3°C
モスクワ+ 2°C
    ドゥテルテ大統領

    フィリピン大統領、オバマ氏侮辱を謝罪

    © AP Photo/ Bullit Marquez
    米国
    短縮 URL
    2137

    フィリピンのドゥテルテ大統領はオバマ米大統領に対する自身の発言を謝罪した。

    「ミスター・ドゥテルテは自分の行なった指摘がマスコミでこうした議論を呼んだことを後悔している。彼は深く反省し、オバマ氏および米国と我々の国との外交パートナーシップに対して尊敬と親愛の情を表している。」

    チャンネルニュース・アジアがドゥテルテ大統領報道官がラオスのASEANサミットのフィールドで行なった声明を引用して伝えた。

    フィリピン大統領報道官の声明では「大統領はオバマ氏に対する自分のコメントが個人的な攻撃のように受け止められたことを後悔している」と表されている。
    報道官は、ドゥテルテ大統領の発言後に米国側によって取り消されていた両首脳の会談は「相互の合意によって日程を後にずらすことが決まった」と語っている。

    関連:

    フィリピン漁師、価格にして1億ドルの34キロの真珠を10年間保存(写真)
    ブリュッセル、フィリピン女性がナイフでバス乗客を襲撃
    フィリピン 国連の「知識不足」に不満はあるが、脱退はしない
    タグ
    事件, 米国, フィリピン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント