02:02 2020年10月01日
米国
短縮 URL
2274
でフォローする

米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏は最新のCNN/ORC世論調査で民主党ヒラリー・クリントン氏をリードした。

調査データによると、トランプ氏の支持率は45%、クリントン氏は43%だった。

以前のCNN/ORC世論調査によると、今から1ヶ月前の民主党全国大会後の時点ではまだクリントン氏が8%リードしていた。

両者とも党支持者からは無条件の支援を受けているが、無党派層内でリードしているのはドナルド氏だ。無党派層の49%はトランプ氏に、29%はクリントン氏に投票する用意がある。

しかし、59%と大多数の回答者は依然、11月8日に開催される大統領選挙で勝つのはトランプ氏ではなくクリントン氏と確信しており、トランプ氏が勝利すると信じているのは39%に留まっている。

先に伝えられたところによると、ドナルド・トランプ氏はヒラリー・クリントン氏が対ロ関係「リセット」に努めた国務長官時代にロシアから資金を受け取ったとしてクリントン氏を非難した。

関連:

クリントン氏もトランプ氏も日本経済の抱える問題を解決してはくれないが、問題を増やすことはできる
「全部プーチンのせい」:米紙、クリントン演説を嘲笑
タグ
ドナルド・トランプ, ヒラリー・クリントン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント