06:27 2020年10月24日
米国
短縮 URL
1019
でフォローする

ロシアの一連のハイテク企業や無線電子工学のリーダーたちが、米国の制裁リストに加えられた。同情報は、米商務省の名で連邦官報のサイトに掲載された。

通知によると、米国は81企業と86団体をリストに加えた。うち75企業・団体がロシアに関係しており、さらに7つが具体的にクリミア、さらにそれぞれ2つが香港とインドに関係している。

米商務省は制裁の目的を「ライセンス交付の際の追加要件」の導入と説明している。

これにより、ロシアの「ガスプロム」の子会社50社に対して全供給の義務的なライセンス取得が導入されている。

文書では、ライセンスの申請を検討する際には、制裁体制に応じて「否定の推定」を行うと指摘されている。

米財務省は9月1日、一連のロシア企業を制裁リストに加えた。

関連:

メルケル独首相、「制裁解除の潮時ではないが、議題には上がりうる」
欧州企業、制裁を迂回しクリミアと貿易
日本 制裁条件下におけるロシアのプロジェクトへの融資問題を討議
タグ
露米関係, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント