19:58 2018年05月21日
東京+ 23°C
モスクワ+ 18°C
    米副大統領がウクライナに警告、EUは対露制裁の解除を望んでいる

    米副大統領がウクライナに警告、EUは対露制裁の解除を望んでいる

    © Sputnik / Mikhail Palinchak
    米国
    短縮 URL
    3114

    バイデン米副大統領はウクライナに対し、政治、経済改革をより活発に行なうよう呼びかけ、同時に最悪の場合はEUは対露制裁を解除しうると警告した。22日、ロイター通信が報じた。

    「彼ら(ウクライナ)が隙を与えたとたんに(EUのうち)少なくとも5つの国は今の瞬間にも『対露制裁を破棄したい』と言い出しかねない。」バイデン副大統領はニューヨークの外交問題評議会で演説した中で明らかにした。

    バイデン副大統領は2014年以来、自分はウクライナ指導部との電話会談を行い、その度に断固として改革を推し進めるよう呼びかける一方で、独仏伊に対しても対露制裁を温存するよう圧力をかけ続けてきたことを明らかにした。バイデン氏はこの間、こうした毎週の電話会談に2-3時間は費やしていると語っている。

    バイデン副大統領は、EUにはウクライナのために共闘する気はないことを認めている。「欧州ではもっぱらこう言われている。『あのなぁ、あれ(ウクライナ)は大統領の交代まではロシアの一部で、あそこにあったのは傀儡だったんだ。大して変わりはないじゃないか。なんだって俺らまでこの制裁に加われって強制するんだよ。』」

    先に伝えられたところによりますと、米国は対ロシア制裁リストを再び拡大した

    関連:

    ウクライナ 国内で禁止しているロシアのTVチャンネルの代わりに韓国のコンテンツを放送
    ウクライナのロシア大使館に花火が投げ込まれる
    キエフ当局:ウクライナではロシア人の選挙は組織できない
    タグ
    対露制裁, ウクライナ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント