09:45 2020年08月13日
米国
短縮 URL
4433
でフォローする

このほど行われた米大統領選挙、民主・共和両党候補による第一回目の討論会について、CNNテレビの視聴者は、民主党のクリントン候補が共和党のライバル、トランプ候補に勝利したとみなしている。

討論会の直後に実施された調査では、視聴者の41%が民主党支持者、26%が共和党支持者、残りが無党派だった。

TVの司会者達の指摘では、今回の調査での民主党支持者の数は、他の調査の際より10%多く、一方共和党支持者の方は2%少ないとのことだ。

そうした「民主的」調査によれば、第一回討論では、クリントン氏が勝利したとみなした人達は62%に上り、トランプ氏が勝ったと判断した人は26%、つまり共和党支持者と同数だった。

ここ最近の両候補の支持率は、全体として拮抗しており、戦いの行方は、まだ誰に投票するか決めていない有権者にかかっていると見られている。

先に伝えられたところによりますと、過去8回の米大統領選の結果を当てた教授は、勝者はトランプ氏と予測した

関連:

ヒラリー・クリントン氏、国務長官時代にロシアで機密文書を忘れてしまった
クリントン氏 安倍首相との会談でTPPに反対の考えを伝える
ヒラリー・クリントン氏 ニューヨークで安倍首相と会談
タグ
ドナルド・トランプ, ヒラリー・クリントン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント