20:18 2017年08月19日
東京+ 25°C
モスクワ+ 28°C
    アサンジ氏のインターネットを切ったのは誰か、ウィキリークスが明かす

    アサンジ氏のインターネットを切ったのは誰か、ウィキリークスが明かす

    © REUTERS/ Axel Schmidt
    米国
    短縮 URL
    43584215

    ウィキリークスの創始者ジュリアン・アサンジ氏のインターネットの接続を切ったのはエクアドルだった。ウィキリークスのアカウントのツィッターで明らかにされた。

    これまではアサンジ氏のインターネットの接続は「ある国によって」切断されたとのみ発表されていた。アサンジ氏はすでに数年にわたりロンドンのエクアドル大使館内に滞在している。

    「我々は、土曜、エクアドルがアサンジ氏のインターネット接続を切断したことを確信を持っていうことができる。」ウィキリークスのツィッターにはこう書かれている。

    ウィキリークスは、切断されたのは「ヒラリー・クリントン氏がゴールドマンサックスで行なったスピーチが公表された直後」であったと主張している。

    英国のAP通信の報道では、エクアドル政府内の消息筋は状況へのコメントを拒否する一方で「エクアドルはこれからもジュリアン・アサンジ氏を保護し、2012年に氏に対して提供した政治的避難を提供し続ける」と語っている。

    関連:

    ウィキリークス、クリントン氏の選対本部長のメール第9部を公開
    ウィキリークス:民主党、トランプ氏の企業内の猥褻な要望を伴う求人を考案
    タグ
    ウィキリークス, ジュリアン・アサンジ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント