13:11 2020年02月18日
米国
短縮 URL
6240
でフォローする

共和党のトランプ次期米大統領候補はヒラリー・クリントン共和党推薦候補との第3ラウンドのTV討論で選挙で敗北しても負けは認めないと豪語。この発言は今回の選挙戦の前代未聞の出来事に加えられた。

トランプ氏には疲労感が感じられ、言い争いではクリントン候補に譲歩する場面も多かったため、これが選挙前のレースで勝つ最後一手を損なった。クリントン候補はトランプ候補のスキャンダルの全てを数え上げてねじ伏せたが、トランプ氏もクリントン氏を「悪い女性」と呼び、大統領に選ばれる権利が果たしてあるかのかと反撃した。

一方でトランプ氏は選挙結果をまっすぐ受け入れることはしないとの声明を表し、これで大センセーションを呼んだ。TV討論でトランプ氏は選挙で敗北した場合、これを認めるかとの問いへの即答を避け、「時が来ればわかる」「あなた方は心配して待っていればいい」と語るにとどめた。

クリントン候補は、「私に言わせてください。これは悲惨なことですからね。毎回ドナルドさんは自分の期待とはずれたことがおきると、なんでもこれは自分に対する事実のすり替えだというんですよ」と語っている。

なお、米大統領戦前最後の第3ラウンド目のテレビ討論が行われた。

関連:

トランプ氏、クリントン氏がなぜプーチン大統領を好きでないかを語る
オバマ氏の異母弟がディベートでトランプ氏の支持に駆けつけ
タグ
ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント