21:19 2020年11月27日
米国
短縮 URL
米大統領選挙 (69)
0 61
でフォローする

欧州安全保障協力機構(OSCE)の選挙監視員は、共和党のトランプ氏が大統領に選出された今回の選挙に、一義的ではない評価を与えた。

トランプ氏は8日行われた大統領選挙で、当選に必要な過半数の270票以上の290票を獲得して勝利を収めた。民主党のクリントン候補は敗北を認めた(232票)。しかし、クリントン候補に直接投票したのが6000万人だったのに対し、トランプ氏に投票したのは5970万人以下だった。

米国民の基本的人権と自由は米大統領選挙において尊重されたと、OSCEの派遣監視団が米選挙活動を監視した結果の声明にある。

しかし、OSCEのデータによると、投票権を持つ3500万人以上が選挙参加に登録されておらず、この事実は「特に少数派やマージナルグループにおいて登録数を拡大する努力を続ける必要」を強調する。

「囚人の選挙、どの文書が州ごとに異なるべきか、国家的な標準の欠如などの鍵となる問題は弱点だ」とOSCE監視団の声明にはある。

さらに、OSCEには期日前投票と、メールでの投票と電子手段を用いての在外選挙に関する投票結果の信頼性保証システムに対してはOSCE独自の見解を持っている。

また、50州のうち15州で、投票後記入内容が正しいかを確認することができない投票機器が使われていたと指摘されている。

また、OSCEの監視団は選挙活動中、電子システムへの外からの介入を確認しなかった。監視団代表が述べた。

この声明は、米選挙プロセスに介入したとロシアが非難されたことを背景にして出された。

全体としてOSCEは、投票の際に見つけられた違反が米大統領選挙の帰結に影響を与え得たかを断言しあぐねている。

トピック
米大統領選挙 (69)

関連:

トランプ氏が米大統領に選出
トランプ氏が276票獲得で勝利、ワシントンポスト紙 (動画)
タグ
OSCE, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント