10:18 2020年10月22日
米国
短縮 URL
1371
でフォローする

米国家安全保障局(NSA)の元職員エドワード・スノーデン氏は次期米大統領に選出されたドナルド・トランプ氏の尽力は国内の社会問題に集中するだろうとの見通しを明らかにした。

スノーデン氏はスプートニクからのインタビューに答えた中で、「もちろん、自分に関することがどうなるのかというのは心配ですけど、これは全体からすれば一番重要度の低い部分で、私ではなく私たちに関する部分では私たちは広範な社会問題に集中せねばならないのです。個々のケースではなくて」と答えた。

スノーデン氏はオバマ大統領がかつて自分の選挙戦で国内の大規模な追跡調査を終わらせると公約したものの、それを守らなかったことを指摘し、「私が最も反対することは各人の動きを追う大規模な追跡調査、無秩序な監視です。司法機関が認める目的を持った追跡というのは、自由な社会に住む何者の人権も侵害することなく追跡する目的を遂行する上で最も介入度の低い手段です」と付け加えた。
スノーデン氏は2013年6月、ワシントンポスト紙、ガーディアン紙に対して米国、英国の特務機関のインターネットでの追跡プログラムに関する一連の資料を手渡した。スノーデン氏はその後、香港へ飛び、そこからモスクワへ移動すると国際空港のトランジットゾーンにしばらくの間滞在していた。

その後、ロシアはスノーデン氏に米国に反対する活動を停止することを条件に1年を期限とする一事的な亡命を許可した。2014年8月1日、スノーデン氏には3年の期限で居住許可が下り、これによってロシア国内のみならず外国への移動も可能となった。

関連:

第2のスノーデン?NSA職員が外国勢力システムハッキング用コードを盗んだ容疑で逮捕
スノーデン氏は米国に渡せない、その理由を駐米ロシア大使が説明
タグ
エドワード・スノーデン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント