21:56 2018年10月23日
米国務省 なぜ「ヌスラ戦線」から反政府勢力を引き離さなかったのかを説明する

米国務省 なぜ「ヌスラ戦線」から反政府勢力を引き離さなかったのかを説明する

© AP Photo / Manuel Balce Ceneta
米国
短縮 URL
6126

ロシアのラヴロフ外相は、トルコとイランの外相との3カ国協議を総括し、米国は9月に合意された行動への自国の参加を証明することができなかったと述べた。

セルゲイ・ラブロフとジョン・ケリー
© Sputnik / Ministry of Foreign Affairs of the Russian Federation
20日、米国務省のカービー報道官は、国務省が「ヌスラ戦線」から反政府勢力を引き離すことができなかった理由を記者団に説明した。

報道官は、「ロシアのラヴロフ外相が提起し続けている具体的な問題の件だが、これは『ヌスラ戦線』から穏健派反政府勢力を引き離すことだ。我々はこれについてうんざりするほど話した。

『ヌスラ戦線』がいた地域から去るよう反政府勢力に説得するために我々が全力を尽くさなかったということではない。だが我々は一人一人を把握することはできない。複数のメンバーは、哲学的、あるいは、ただ物理的に『ヌスラ戦線』の仲間に入った、または『ヌスラ戦線が』いる地域からは去らないなど、様々な理由で決めた。これは我々が適切な形で取り組まなかったことを意味しているわけではない」と述べた。

関連:

シリア和平プロセス再開呼び掛け
アレッポはあと数時間でテロリストから解放されるー国連シリア常駐代表
タグ
シリア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント