00:53 2017年02月28日
東京+ 5°C
モスクワ+ 3°C
    米国務省、外国エージェントに関する法律を撤回するようロシアに呼びかけ

    米国務省、外国エージェントに関する法律を撤回するようロシアに呼びかけ

    © AP Photo/ Manuel Balce Ceneta
    米国
    短縮 URL
    3539315

    米国は、いわゆる「外国エージェントに関する法律」を撤回するようロシアに呼びかけている。ジョン・カービー国務省報道官の名で国務省ウェブサイトにコメントが掲載された。

    ロシアによる「外国エージェント」のリストには19日時点で150団体が記載されているという。

    カービー氏によると、「外国エージェント」という用語が組織に対して使われるとき、それは「信用できないもの」という意味を帯びる。そうしたものとしてHIV対策やエイズ対策を担う団体、拷問反対を訴える組織、渡り鳥を保護する団体さえ登録されている。

    プーチン大統領は2015年5月、望ましくない外国および国際機関に関する法律に署名した。

    米国でも一定の基準をもとに個人を外国人エージェントとして認定する制度がある。外国人エージェントと見なされるのは「主外国の命令・要請・指導・管理の下で」「主外国を益する政治活動に従事している」者、となっている。

    関連:

    ニューヨークデイリーニュース記者、駐トルコロシア大使殺害に関する記事につき謝罪することを拒否
    米国務省 なぜ「ヌスラ戦線」から反政府勢力を引き離さなかったのかを説明する
    タグ
    露米関係, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      NGOという 似非 善団体も プーチン大統領は排除した

      この写真の男 もはや 目が
      人間ではない。
    • avatar
      junobejp
      多くの国で「NGO」などを使ってカラー革命・政権転覆などを仕組んできた極悪犯罪国家が、ナニを泣き言を言うのやら。
      ▼ロシアの‘心’を狙う欧米の戦い:ステロイド常習NGO
      eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/ngo-ec30.html
      ▼アメリカのNGO、ロシアから撤退
      eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/ngo-2768.html
      ▼反プーチン抗議運動の蔭にソロスの手が見える
      icke.seesaa.net/article/243027043.html
      ▼ロシア大統領選に先立ち、不正報道するアメリカ・マスコミ―アメリカ、ロシアの選挙に干渉している現場を目撃される
      eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-58e2.html
      ▼2012年1月から駐露在米大使を務めているマイケル・マクフォールも活発に動いている。この人物はフーバー研究所に所属していた反ロシアの活動家として有名で、モスクワに赴任した3日後には反プーチン/親米派のリーダーが早速、アメリカ大使館を訪れている。「非暴力」を掲げ、旧ソ連圏での抗議運動に大きな影響力を持つジーン・シャープのスポンサーは米国防総省系のRANDコーポレーション、フォード財団、そしてUSAIDから資金が流れ込んでいるNED。このNEDはレーガン政権が心理戦を展開するために始めた「プロジェクト・デモクラシー」に基づき、1983年に創設されている。
      plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201401270000
      ▼CIAの反ロシア工作グループ「戦略31」と「モスクワ・ヘルシンキ・グループ」と「選挙監視グループGOLOS」はNED、フォード財団、ソロスのオープン・ソサエティ、USAIDからNEDから資金を得ている。
      plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201508020000
    • unimaro unimaro
      >ロシアによる「外国エージェント」のリストには19日時点で150団体が記載されているという。
      ↑、
      このリストがほぼ完ぺきなんだろうなwだからアメ公焦って焦って、こんな自白同様の発言をwww
      さすがアメ公♪
    新しいコメントを読む (0)