17:09 2018年10月19日
A Bloomberg terminal is seen inside a kiosk on the floor of the New York Stock Exchange April 17, 2015

NY外為:ドル下落116円台、対ロシア追加制裁の影響も

© REUTERS / Brendan McDermid
米国
短縮 URL
0 20

9日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが一時、週初来の安値に下落。その後も軟調な展開が続いている。7年債入札(発行額280億ドル)の順調な結果を受けて米国債利回りが下げを拡大したことと、ロシアに対する米国追加制裁が発表されたことが手掛かり。

ニューヨーク時間午後3時12分現在、ドルは円に対し前日比0.5%安の1ドル=116円65銭。対ユーロでは0.7%下げて1ユーロ=1.0483ドル。また、29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比13・90ドル安の1万9819・78ドルで取引を終えた。ブルームバーグが報じた。

関連:

米政権、連邦保安庁、露軍参謀本部情報総局など5つの省庁機関に制裁発動
米国、ロシアの外交官35人をワシントン、サンフランシスコから追放
タグ
制裁, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント