12:00 2018年09月21日
President Barack Obama listens to President-elect Donald Trump speak to members of the media during their meeting in the Oval Office of the White House in Washington, Thursday, Nov. 10, 2016

トランプ氏はオバマ政権の政策の多くを廃止へ、次期米大統領報道官が明らかに

© AP Photo / Pablo Martinez Monsivais
米国
短縮 URL
1180

トランプ次期米政権で大統領報道官に就くスパイサー氏は1日、トランプ氏が20日の大統領就任初日に、オバマ大統領が任期8年で実行した政策の多くを「廃止する」と明らかにした。共同通信が報じた。

これらの政策は「経済成長や雇用創出」に悪影響を与えた政策と説明した。オバマ大統領は1日、自身のツイッターで任期を振り返り、国民皆保険制度につながる医療保険制度改革(オバマケア)や雇用創出、同性婚解禁などを実績に掲げた。

スパイサー氏は、ロシア政府が米大統領選に干渉するためサイバー攻撃を仕掛けたとしてオバマ氏が米国駐在のロシア外交官35人の国外退去処分を含む対ロ制裁を発令したことについて「(報復措置として)適切か疑問だ」とも指摘した。

2015年に中国発のサイバー攻撃で米人事管理局の個人情報が大量流出したと判明した際、オバマ政権が対中制裁に踏み切らなかったことと比較し、今回は重すぎるとの考えをにじませた。トランプ氏が就任後に制裁を見直すかどうかは明言しなかった。

関連:

トランプ氏、米国へのサイバー攻撃に対するロシアの責任に疑惑
トランプ氏「米国の選挙にロシア関連のハッカーが介入したとは信じない」
タグ
ドナルド・トランプ, バラク・オバマ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント