07:28 2017年09月26日
東京+ 21°C
モスクワ+ 11°C
    米軍兵士はヒジャブ着用へ?

    米軍兵士はヒジャブ着用へ?

    © 写真: Jovelle Tamayo/Sikh Coalition
    米国
    短縮 URL
    149237

    米軍は、国内の宗教的少数派に対して例外なしに従軍の機会を保障するため、外見の新基準を公開した。それによると、軍人は髭を生やし、ターバンやヒジャブを着用することができるようになる。

    エリック・ファニング陸軍長官によると、新たな規定は、シク教やイスラム教の信徒の兵役誘致を促進することを目指している。

    新規則はシク教徒の連合に暖かく受け入れられた。

    連合の法務部長ハルシマン・カウル(Harsimran-Kaur)氏は、「私たちは、この新しい政策が象徴する宗教的寛容と多様性に向けた進歩に満足している」と述べた。

    新たな規則は宗教的な理由から髭を生やすことを許可しているが、髭の長さは2インチ(約5センチ)を超えてはならない。それ以上の長さの場合、髭は巻くか、縛る必要がある。また、シーク教の信徒にとって不可欠なターバン着用も許可されている。

    一方ドイツでは、メルケル首相がヒジャブ着用禁止に向けられた発言をした。

    関連:

    サウジ女性に運転は許可されるか?
    オランダ、イスラム女性が顔隠すのを禁止
    タグ
    アメリカ軍, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント