09:00 2018年07月19日
オバマ大統領、最後の演説で妻に支援を感謝

オバマ大統領、最後の演説で妻に支援を感謝 【動画】

© AFP 2018 / Mandel Ngan
米国
短縮 URL
2310

オバマ大統領は2期目の任期を終わるにあたってミシェル夫人に自分を支えてくれたことに対する謝意を表した。

「君は私にとっては常に手本べき見本だった。君は私に君を誇りに思わせ、国中が君を誇らしく思った。」オバマ大統領はシカゴで演説したなかでこう述べた。オバマ氏はトランプ氏が大統領就任式を迎える今月20日、大統領の任期を終える。

妻を語るオバマ大統領は涙をかろうじてこらえていたものの、ミシェル夫人のほうは極めて平静を装っていた。オバマ氏はさらに「この25年、君は私の妻であり、私の子どもたちの母だったが、1番大事なのは私の友だったことだ」と語った。オブザーバーらは2度にわたる大統領任期の8年の間、ホワイトハウスでのオバマ家の生活は一度のスキャンダルもなく、マスコミにゴシップのネタを与えるすきもなかったと指摘している。

オバマ大統領は妻への謝意を表した後、子どもらに向かって「私が人生で行なったなかで1番の誇りは私が君たちのパパだと感じることだ」と述べた。

オバマ氏はバイデン副大統領に向かって「君の起用は組閣における最初の決定だった。そしてそれは最良のものだった」と語った。

関連:

オバマ氏は再度に次期政権への円滑な移行確約した
オバマ氏に新たな職が提案
タグ
バラク・オバマ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント