12:59 2017年08月17日
東京+ 23°C
モスクワ+ 15°C
    トランプ氏の「名誉毀損」情報漏れの報道をウィキリークスが否定

    トランプ氏の「名誉毀損」情報漏れの報道をウィキリークスが否定

    © REUTERS/ Mike Segar
    米国
    短縮 URL
    1938130

    ウィキリークスは、ロシア人エージェントらしき人物らが次期大統領に選出されたドナルド・トランプ氏を名誉既存するような情報を握っているというニュースがマスコミに流れたことについて、こうした報道は信憑性に欠けるとする声明をサイト上に表した。

    「トランプ氏についてバズフィードに掲載の35ページに及ぶファイルは諜報報告ではない。様式、事実、日付から判断して信憑性は一切ない。」ウィキリークスのツィッターにはこう書かれている

    これより前CNNは匿名の米国人役人からの情報として、米国諜報機関がオバマ大統領およびトランプ次期大統領に「ロシア人エージェント」らしき人物らがトランプ氏の評判に傷をつける情報を有しているかのように報告したと伝える一方で、米国諜報機関はこの仮定を確証付ける証拠は有していないと報じている。

    関連:

    米国有権者、トランプ次期大統領は個人ツイッターを止めるべき
    トランプ人事、娘でなく、娘婿がホワイトハウスに
    タグ
    ウィキリークス, ドナルド・トランプ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント