07:12 2018年08月22日
F-35 核兵器使用の可能性を得る

F-35 核兵器使用の可能性を得る

© AP Photo / LM Ottero
米国
短縮 URL
2719

地政学的状況が変化したことに関連して、米国防総省は、核兵器使用のためにF-35 Lightning IIの認証プロセスを加速化する計画だ。

F-35 Lightning IIは、単発単座の多用途性を備えたステルス戦闘機で、米空軍用に特別に製造された。技術誌「ポピュラーメカニクス」によれば、同機のF-35Аバージョンは近く、核兵器使用の可能性を得ることになる。認証には、およそ3億4千万ドルが費やされる見込みだ。

F-35は、F-15E Strike Eagle、Fighting Falcon F-16に続く米国の3機目の戦術航空機で、自由落下型核爆弾 B61-12を使用可能だ。

なお批評家達は、戦術核兵器使用のためのF-35Aの認証は、不要でコストがかかり過ぎると主張している。

先に、トランプ次期大統領は、核兵器分野での能力拡大についての先の声明を説明し、軍拡競争の場合、米国はあらゆる点において他のプレーヤーを上回ると述べた。

関連:

トランプ氏の核兵器に関する声明は軍拡競争への意向を意味するものではない
北朝鮮の核開発を語るー亡命元外交官
タグ
アメリカ軍, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント