01:06 2018年12月15日
米国務省外交官の大量辞任の真相、新たなマスコミ情報米国務省外交官の大量辞任の真相、新たなマスコミ情報

米国務省外交官の大量辞任の真相、新たなマスコミ情報

© AFP 2018 / Yuriy Kirnichny © AFP 2018 / Nicholas Kamm
1 / 2
米国
短縮 URL
5683

米国務省からのキャリア外交官らの辞任はトランプ政権の政策との不一致ではなく、政権による辞任要請が原因だった。CNNがホワイトハウス内の消息筋からの情報として報じた。

CNNの消息筋はこうした大量辞任は外交官らがトランプ大統領への不敬を示したわけでも自ら辞表をたたきつけたわけでもなく、単にホワイトハウスが内部の秩序を正しただけと語っている。

マスコミのこれまでの報道では米国務省の一連の職員はトランプ政権の外交路線に同意しなかったため辞任に追い込まれたとされていた。

これに対し今回のCNNの報道では、実際はホワイトハウスは書面で外交官らに対し、これ以上彼らの職務は必要ない旨を通知していたとされている。

辞職に追い込まれたのはジェントリー・スミス外交使節室長、ジョイス・バー次官補、ミシェル・ボンド次官補、パトリック・ケネディ国務次官。 ヌーランド国務長官補・欧州ユーラシア担当も辞任している。

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント