17:10 2018年06月25日
世論調査:選挙が原因で米国人の40パーセントが近しい人々との関係を損ねる

世論調査:選挙が原因で米国人の40パーセントが近しい人々との関係を損ねる

© AFP 2018 / Bryan R. Smith
米国
短縮 URL
117

世論調査会社ラスムッセンが実施した世論調査によると、米国人の40%が米大統領選挙の結果によって家族や友人との関係が悪くなったとの考えを示していることが分かった。

米国市民の50%が、8年間にわたる民主党のオバマ政権による統治後、米国は「さらに分断した」との見方を示し、また77%が米国人が、互いの政治的見解に「以前よりも寛容ではなくなった」との考えを表した。

なお米国の政治的寛容性が高まったと考えている米国人はわずか11%だったが、家族や友人との関係が悪化したと訴えたのが最も多かったのは、これらの楽観主義者たちだった。

世論調査は12月31日から2月1日にかけて推定有権者1000人を対象に実施された。

タグ
世論調査, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント