00:46 2017年02月28日
東京+ 5°C
モスクワ+ 3°C
    Вице-адмирал Гарвард

    トランプ政権 元海軍中将が大統領国家安全補佐官の就任を辞退

    © REUTERS/ Shawn Coolman
    米国
    短縮 URL
    173131

    ロバート・ハーウォード元海軍中将はトランプ大統領からの国家安全補佐官要請されたが、辞退した、ファイナンシャル・タイムズ紙が伝えた。

    当紙の取材に応じた人物は「ロバートは義務感と自分自身が明らかに非効率性との間に決断不能に陥た」と語った。

    月曜日に辞任したフリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)はホワイトハウスに、駐ワシントンロシア大使との接触に関する不十分な報告をしてきたと認めた。

    以前に伝えたように、2017年12月にフリン氏はキスリャクロシア大使とロシアを対象にした経済制裁を話し合ったにもかかわらず、トランプ大統領側はそれを否定した。ロシアのペスコフ大統領報道官はフリン氏とキスリャク大使が会話をしたが、その内容は偽って伝えられていると声明した。

    タグ
    戦争・紛争・対立・外交, ドナルド・トランプ, ロシア, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • unimaro unimaro
      ハワードちんかす!玉無し!チキン!
      アメリカ人はまじチキンばかりだなぁ、、、トランプも人材不足に困っているのが理解できるわ
    新しいコメントを読む (0)