19:44 2018年05月21日
東京+ 23°C
モスクワ+ 18°C
    フリン元米大統領補佐官 辞職の前に対露制裁解除計画を提案

    フリン元米大統領補佐官 辞職の前に対露制裁解除計画を提案

    © AP Photo / Carolyn Kaster
    米国
    短縮 URL
    2117

    2月はじめ、マイケル・フリン前米大統領補佐官・国家安全保障問題担当の事務所には対露制裁解除に関する提案が手渡されていた。ニューヨークタイムズ紙が報じた。

    同紙の報道によれば、ロシア、ウクライナに関する和平プランはウクライナ人議員アンドレイ・アルテメンコ氏の策定したもの。書類を手渡したのはトランプ大統領の法律家のマイケル・コーエン氏と同じくトランプ氏のパートナーのフェリックス・セッター氏の2人。

    ニューヨークタイムズ紙は、アルテメンコ氏はトランプ氏はウクライナの和平プランを支持しうると考えていると報じている。和平プランにはウクライナ東部からの「ロシア軍の撤退」、クリミアを50年から100年の期限でロシアへ貸与する可能性について国民投票を実施するという項目が含まれている。

    ニューヨークタイムズ紙の報道によれば、アルテメンコ氏はまた、ウクライナのポロシェンコ大統領が贈賄に関与したことを示す証拠書類を所持していると公言している。

    ニューヨークタイムズ紙は、これらの提案をホワイトハウスがどこまで真剣に受け止めるかは現時点では不明とコメントしている。

    タグ
    制裁, クリミア, ロシア, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント