03:19 2017年03月24日
東京+ 8°C
モスクワ+ 8°C
    「カスペルスキー・ ラボ」 アンチ ウイルス製品の脆弱性に関する情報を調査

    「カスペルスキー・ ラボ」 アンチ ウイルス製品の脆弱性に関する情報を調査

    © Sputnik/ Sergey Guneev
    米国
    短縮 URL
    ウィキリークス CIAの「ハッキングアーカイブ」を公開 (15)
    0 75071

    ロシアのアンチウイルスソフト会社「カスペルスキー・ ラボ」は、自社のアンチ ウイルス製品に脆弱性が存在するとする内部告発サイト「ウィキリークス」の報告書を調査している。

    7日、ウィキリークスは米中央情報局(CIA)に関する「流出した」一連の資料の公開を始めた。報告書では特に「カスペルスキー・ ラボ」のアンチ ウイルス製品には脆弱性が存在しており、同製品を使って誰でも簡単にエクスプロイト(プログラムに侵入するためのコード)を書くことができると述べられている。

    ウィキリークスの報告書の作成者の一人、ホアシン・コレット氏は、シンガポールで2014年に開かれたハッカーの会議SyScanで発見された脆弱性を「カスペルスキー・ ラボ」が修正しなかったと指摘している。ウィキリークスは、保護されたシステムを攻撃するウイルスのカムフラージュのために米中央情報局(CIA)が「カスペルスキー・ ラボ」のアンチウイルスソフトを使用した可能性があると指摘した。

    「カスペルスキー・ ラボ」は、顧客が危険にさらされていないことを確信するため、ウィキリークスが2017年3月7日に公開した報告書を注意深く調べている。同社は、このような報告書や声明に最大の注意を払っていると発表した。

    トピック
    ウィキリークス CIAの「ハッキングアーカイブ」を公開 (15)
    タグ
    米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント