10:58 2018年10月18日
トランプ政権 台湾への大規模武器供給を予定

トランプ政権 台湾への大規模武器供給を予定

© 写真: Public domain
米国
短縮 URL
1118

トランプ政権は台湾に大規模な武器供給を行う予定。ミサイル発射装置や対艦ミサイルが含まれる可能性がある。ロイターが米政府筋の情報を基に報じた。

スプートニク日本

匿名の政権筋は、供給は「オバマ政権に承認されなかったものよりさらに重みのある」ものになると指摘。

関係筋によると、トランプ政権では、中国政府の立場を含む既存の障壁を克服するために数ヶ月を要する可能性がある。また、すでにこの問題の審議は行われている。

ホワイトハウスはこの情報へのコメントを控えた。

オバマ政権は12月、国務省と国防総省の承認にも関わらず、台湾への総額10億ドルの武器売却にブレーキを掛けた。

先に伝えられたところによると、5日開幕した、中国の国会に相当する全国人民代表大会での政府活動報告の中で、李克強首相は「中国は、台湾の『独立』なるものを許さない。1992年に双方が達成したコンセンサスを遵守するだろう」と述べた。

タグ
武器・兵器, 台湾, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント