10:34 2017年08月22日
東京+ 29°C
モスクワ+ 20°C
    米国防総省 「オバマプラン」に沿いダーイシュと戦うことをトランプ大統領に提案

    米国防総省 「オバマプラン」に沿いダーイシュと戦うことをトランプ大統領に提案

    © AFP 2017/ ARIS MESSINIS
    米国
    短縮 URL
    2579113

    米国防総省がトランプ大統領に提出したダーイシュ(イスラム国、IS)との闘いに関する提案は、オバマ前大統領の戦略とほぼ変わりなかった。NBCが国防総省高官の情報を基に報じた。

    スプートニク日本

    新たなプランには戦闘員への攻撃の継続、モスルとラッカにおける作戦実行の際に地元勢力を支援すること、テロリストから奪還した地域の安定化措置の実施、テロリストの主な資金源剥奪が含まれている。

    NATOの欧州連合軍最高司令官も務めたことがあるジェームズ・スタビリディス退役海軍大将が記者団に対し、「このダーイシュ殲滅プランは、『プランBは、プランAに従うものだが、より懸命に行うことにある』とのことわざに似ている」と語った。スタビリディス氏によると、トランプ大統領はおそらく書類を改定するよう返却を望むだろう。

    トランプ大統領は何と言っても選挙期間中、ダーイシュに対する迅速で完全な勝利を約束して、オバマ政権の遅速さと控えめさを嘲笑していた。

    先の報道では、米国は、シリアにおけるテロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」との戦いに関する自国の戦略を変更する可能性がある。

    タグ
    ISIS, ドナルド・トランプ, バラク・オバマ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント