17:28 2019年08月26日
ウィキリークス CIA極秘文書の新たな部分を公表

ウィキリークス CIA極秘文書の新たな部分を公表

© Flickr
米国
短縮 URL
ウィキリークス CIAの「ハッキングアーカイブ」を公開 (28)
2182

米中央情報局(CIA)に属する機密資料「Vault 7」の新しい部分が、内部告発サイトWikiLeaks(ウィキリークス)上に公開された。

スプートニク日本

前回、3月23日に公開されたCIA文書は「Dark Matter(暗黒物質)」と名付けられたもので、その中には、Apple(アップル)社のデバイスのハッキングや感染方法が記されていた。Apple社は声明を発表し、伝えられた安全システム上の脆弱性や諸問題はすべて正されたと指摘している。

ウィキリークス関係者によれば、今回公表された新しい部分は、「Marble(大理石)」と名付けられ、同名のソースコードの秘密プログラム中のファイル676を含んでいる。この「Marble」プログラムは、CIAのマルウェア(不正かつ有害に動作させる意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコード)テキストの断片をカモフラージュするものだとの指摘もある。そうしたことから、まさにCIAこそが、ウイルス製造あるいはハッカー攻撃の裏に存在すると理解できる。特にこうしたデータは、法医学の専門家やアンチウイルス企業の目から隠されているとの事だ。

なおウィキリークスの指摘では、プログラムは、データをカモフラージュするためだけに使用されており、とプログラムの安全性低下の原因ではない。

トピック
ウィキリークス CIAの「ハッキングアーカイブ」を公開 (28)
タグ
中央情報局, ウィキリークス, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント