05:54 2017年12月12日
東京+ 5°C
モスクワ+ 1°C
    「ダーイシュ(IS)」を正当化するNYTの記事に、ジャーナリストたちが憤慨

    「ダーイシュ(IS)」を正当化するNYTの記事に、ジャーナリストたちが憤慨

    © AFP 2017/ Emmanuel Dunand
    米国
    短縮 URL
    186

    ジャーナリストのセス・フランツマン氏は、米国に対して事実上シリアでのテロ組織「ダーイシュ(IS)」との戦いを止めるよう呼びかけている、様々に解釈できる記事に注目した。この記事は、ニューヨーク・タイムズに掲載された、スプートニクが報じた。

    スプートニク日本

    フランツマン氏は自身のブログで、トーマス・フリードマン氏の記事「なぜトランプ氏はシリアでISと戦うのか」の一部のスクリーンショットを公開した。同記事では、テロリストとの速やかな戦いは米国の利益にならないと述べられている。

    フリードマン氏は、トランプ米大統領は「ダーイシュ(IS)」に「アサド大統領、イラン、ヒズボラ、そしてロシアの頭痛の種」であることを許すべきだとの考えを示し、そこで米国人が「ロシア人の血を流すこと」を鼓舞したアフガニスタンのムジャヒディン(ジハード遂行者)たちとの共通点を挙げている。

    フリードマン氏は、世界的には「ダーイシュ」との戦いが必要であることを認めているが、「ダーイシュ」はイラク西部とシリアの多くの地域を支配しており、「彼らの目的は、アサド政権とそのシリアの同盟者、そしてイラクの親イランのシーア派政権との戦いだ」と言及している。同氏によると、シリアでの戦争は、穏健派反政府勢力と「ダーイシュ」の2方向で行われなければならない。米国がシリアで「ダーイシュ」の支部を鎮圧すれば、「アサド大統領、イラン、ロシア、そしてヒズボラへの圧力が軽減され、彼らに穏健派反政府勢力を鎮圧するチャンスを与える」ことになるという。

    フランツマン氏は「これが大手新聞に掲載されたとは信じがたく、ニューヨーク・タイムズに掲載されたとは、さらに信じるのが難しい。誰かにとって問題になると主張されているあらゆる組織のうち、なぜまさに非常に多くの犯罪を犯している「ダーイシュ」に目をつぶらなければならないのだろうか?… 過激主義者やジハード主義者らとの協力が解決策にはならないことを、誰も本当に理解していないのだろうか?」と憤慨している。

    フランツマン氏は、「ダーイシュ」はハマスあるいはムスリム同胞団のような穏健なイスラム主義者ではないと指摘している。「ダーイシュ」は大勢の人々を殺害し、文化遺産も破壊している。フランツマン氏は「まさか全ての人が、ダーイシュが生きたまま人々を焼き殺し、数千人もの人々を斬首したことを忘れてしまったのだろうか?… いったいどうしてこの組織にくつろぐことを許せる人がいるのだろうか?」と問いかけている。

    先の報道によると全米反戦連合(UNAC)は、シリア空軍基地への米国のミサイル攻撃は、この地域の紛争を「破滅的にエスカレートさせ、核戦争を引き起こす」恐れがあると警告した。

    タグ
    ダーイシュ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント