03:23 2018年09月25日
米 69年寄り添った老夫婦がわずか40分の差で永眠【写真】

米 69年寄り添った老夫婦がわずか40分の差で永眠【写真】

© Fotolia / Missty
米国
短縮 URL
0 51

米国シカゴ市の郊外で69年間も寄り添ったおしどり夫婦のワトキン夫妻がわずが40分の時間差で彼の世に旅立った。ふたりは手を握ったまま亡くなった。AP通信が報じた。

スプートニク日本
妻のテレザさん(89)は現地時間22時午前0時10分に永眠し、夫のイサクさん(91)もその40分後に亡くなった。娘のクララ・ゲスクリンさんの話では集まった親類がイサクさんがテレザさんと握っていた手を離したとたん、

イサクさんの呼吸が止まった。息子のレオさんは父親は「連れ合いと別々に何かをするということをしたがらない人だった」と述懐している

ワトキン夫妻は3人のこどもをもうけ、孫たちをとてもかわいがるおじいさん、おばあさんだったと親類たちは話している。

ふたり合同葬儀は24日に営まれた。娘のクララさんは「ふたりはあまりにも堅い愛で結ばれていたので互いをなしには生きられなかったのでしょう」と語った。

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント