18:10 2018年06月22日
米議会 トランプ氏の身の安全にさらに1億2千万ドルを拠出へ

米議会 トランプ氏の身の安全にさらに1億2千万ドルを拠出へ

© AP Photo / Carlos Osorio
米国
短縮 URL
1104

米議会は両党そろってトランプ大統領とその家族の警護のために追加予算として1億2千万ドルを供出することに同意した。この文書は今週中にも正式に承認される。米ビジネス専門ウェブサイト「ビジネスインサイダー」が報じた。

スプートニク日本

米CIA長官、なぜ訪韓するか
© AP Photo / Carolyn Kaster
ニューヨークタイムズ紙によれば、追加予算を要請していたシークレットサービスには6千万ドルが支払われる。これにはトランプ氏の身の安全およびニューヨークのトランプタワーの警護をカバーする費用が含まれている。

このうちおよそ3400万ドルは今年の財政年度が終了するまでの期間のトランプ氏の警護費用に充当される。

報道によれば、さらに2300万ドルがトランプタワーの設備や人員刷新に使われるが、このためにはタワー内で部屋を借りる必要が生じる、と米国家安全保障サービスの報道官はこたえている。

残り6千万ドルの使い道は地元自治体であるニューヨーク郡、フロリダのパームビーチ郡の治安維持機関の人件費に充当される。トランプ氏が土地を所有するパームビーチ郡の警備は、トランプ氏がウイークエンドに訪れるとゴルフカーのレンタルや沿岸警備のために追加的な費用が必要になることから批判を呼んでいた。

これより前ニューヨークの住民およそ10万人が、トランプ次期米大統領の就任式後、トランプ氏のメラニア・トランプ夫人がニューヨークから出ていくことを求める請願書に署名した

タグ
ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント