15:25 2018年06月19日
ウィキリークス CIA機密情報「アルキメデス」を公開

ウィキリークス CIA機密情報「アルキメデス」を公開

© Sputnik / Iliya Pitalev
米国
短縮 URL
0 262

ウィキリークスがサイト上にCIAの機密情報、「ヴォルト7」の続きを公開した。

スプートニク日本

新たに公開されたのはCIAの「アルキメデス」という名称の技術。CIAの「アルキメデス」を用いれば通常オフィスの社員が利用、登録するローカルネットの枠内でサイバー攻撃を行うことができる。

CIAの「アルキメデス」は1台のコンピューターをコントロール下に置くことで、それを通じて同じローカルネット内にある、特務機関が狙いをつけるほかのコンピューターのトラフィックを追跡できるという仕組み。ウィキリークスの説明によれば、ハッカーに狙いをつけられたコンピューターのブラウザーを使うとトラフィックはCIAの特殊サーバーに勝手に送られるようになるが、ユーザーはブラウザーは通常のレジームで機能しているようにしか感じられない。

先の報道によると、ウィキリークスは「Vault 7」という名の中央情報局(CIA)の一連の機密文書の新たな部を公開した

タグ
ウィキリークス, 中央情報局, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント