18:26 2017年10月18日
東京+ 17°C
モスクワ+ 11°C
    トランプ米大統領、コミー氏を批判

    トランプ米大統領、コミー氏を批判 圧力をかける意図はない

    © REUTERS/ Joshua Roberts
    米国
    短縮 URL
    0 640181

    トランプ米大統領は11日、9日に解任した米連邦捜査局(FBI)長官のコミー氏をと批判し、ロシアの米大統領選介入疑惑を払拭した。

    スプートニク日本

    ロイターによると、コミー氏解任後初となるインタビューで、トランプ大統領は「コミー氏は目立ちたがり屋で、スタンドプレイをする人間だ。FBIは混乱状態にあった」とし、「進言にかかわらず解任するつもりでいた。私の決定だ」と述べた。また、ロシアの大統領選介入疑惑について、自身はFBIの捜査の対象にはなっていなかったとし、「ロシアが関与したのであれば、私も知りたいと思う。ロシアは選挙に影響を及ぼさなかった」と示した。

    マケイブFBI長官代行は11日の議会証言で、疑惑捜査が「阻まれることはない」と強調した。

    コミー氏は米大統領に対する忠誠を一度も誓おうとしなかったこと、トランプ選挙本部とロシアの関係が取りざたされる件で調査を早めていたことを理由に解雇されたと指摘している。

    ホワイトハウスは、クリントン元国務長官のメール問題の捜査に絡む不手際を解任理由としたが、大統領選干渉疑惑に絡みロシアとトランプ氏周辺の不透明な関係を調べているFBIの捜査を妨害する狙いではないかと疑う声が強まっている。トランプ氏はコミー氏に圧力をかける意図はなかったと主張している。

    タグ
    ドナルド・トランプ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント