12:31 2017年05月30日
東京+ 25°C
モスクワ+ 12°C
    米国は「銃を持たない内戦」の真っ只中=元FBI職員

    米国は「銃を持たない内戦」の真っ只中=元FBI職員

    © Flickr/ Robert Neff
    米国
    短縮 URL
    11596112

    インデペンデント紙アイルランド版が元FBI分析官の話として、米国はトランプ政権のもとで「銃を持たない内戦」の真っ只中にあると報じた。

    スプートニク日本

    分析官のジャナ・モンローさんは、コミー元FBI長官がトランプ大統領により解任された後、「今までに見たことがない」程度にまで「2分極化」していると述べた。

    トランプ大統領とロシアとの繋がりを調査していたことが原因で解任されたと見られているコミー氏の解任について、モンローさんは、「驚いたが、ショックは受けていない」と述べた。その理由として、クリントン氏のメール問題に関してコミー氏は自身とFBIにハイライトを当てたこと、それが基本的には前例のない事を挙げた。

    さらに、モンローさんはFBIの独立について次のような見解を示した。

    「(トランプ大統領の書簡に)『誠実でない』との言明があった。しかし、私の意見では、FBIは完全に大統領にも誰にも、誠実であるべきではない。これは独立した、事実を追求する代理人で、忠実さ、勇気と誠実さを支持するのだ。」

    先の報道によると、ワシントン・ポスト紙が、ジェームズ・マティス米国防長官の携帯電話のプライベート用電話番号をうっかり掲載してしまった

    タグ
    FBI, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント