08:28 2019年12月15日
米国 北朝鮮をけん制するため3隻目の空母を西太平洋へ派遣

米国 北朝鮮をけん制するため3隻目の空母を西太平洋へ派遣

© AP Photo / Claude Paris
米国
短縮 URL
0 710
でフォローする

米国は北朝鮮をけん制するため3隻目の空母を西太平洋へ派遣した。27日、ボイス・オブ・アメリカのサイトで伝えられた。

スプートニク日本

ボイス・オブ・アメリカによると、空母ニミッツは、すでに西太平洋に派遣されている空母カールビンソンとロナルド・レーガンに加わる。ボイス・オブ・アメリカは「平時に米海軍が一つの地域に3隻の空母を同時に配備するのは稀だ」と指摘している。

先に米海軍は、空母ニミッツと軍艦キッドならびにシャウプなどで構成される空母打撃群が、2013年以来はじめて太平洋に配備されると伝えた。6月1日から地域に展開するという。

先の報道によると、米海軍の空母打撃群を率いる米空母ロナルド・レーガンが、不具合のため横須賀基地を出港できない

タグ
武器・兵器, 米国, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント