12:14 2019年07月16日
ウィキリークス CIAの新たな機密文書を公開

ウィキリークス CIAの新たな機密文書を公開

© 写真: Jagz Mario
米国
短縮 URL
ウィキリークス CIAの「ハッキングアーカイブ」を公開 (28)
0 150

内部告発サイト「ウィキリークス」は、「Vault 7」シリーズの一環として、米中央情報局(CIA)の新たな機密文書を公開した。

スプートニク日本

前回5月19日に公開されたのは、サイバースパイツール「Athena」に関する文書だった。

今回は、CIAが「Pandemic」と指定するプロジェクトに関するもの。

プログラムは、ローカルネットワーク内でファイルを転送する過程でユーザーのコンピュータを「感染」させることができる。その際、ウィルスのソースファイルは送信中に変化するため、見つけるのが困難となる。

ウィキリークスは3月7日にCIA文書の第一弾を公開した。これは過去最大規模のCIAの機密文書流出だと伝えられた。そこには、バージニア州ラングレーにあるCIA本部を拠点にするサイバー諜報センターの分離された内部ネットワークに保存されていた8000件以上のCIAの文書やファイルが含まれている。

トピック
ウィキリークス CIAの「ハッキングアーカイブ」を公開 (28)
タグ
ウィキリークス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント