15:17 2017年10月23日
東京+ 22°C
モスクワ0°C
    NSAは、ロシア軍参謀本部情報総局が米選挙委員会をサイバー攻撃したと考えている マスコミ

    NSAは、ロシア軍参謀本部情報総局が米選挙委員会をサイバー攻撃したと考えている マスコミ

    © AFP 2017/ Kirill Kudryavtsev
    米国
    短縮 URL
    125535

    米国家安全保障局(NSA)の機密報告書では、ロシア軍の情報機関が、米大統領選投票日の数日前に、選挙のソフトウェアベンダーにサイバー攻撃を行ったと主張されている。サイト「インターセプト」が報じた。

    スプートニク日本

    報告書では、サイバー攻撃を行ったのはロシア軍参謀本部情報総局だとされているが、同情報の証拠は一切挙げられていない。

    また報告書では、ロシアの情報機関が米大統領選の数日前に、選挙委員会の米国人職員100人以上に偽装メールを送ったと主張されている。

    またハッカーらは米国やその他の国々の選挙を狙い、有権者リストの確認を専門とする機器を製造する民間企業を含む、有権者の登録プロセスに直接関係する選挙システムの複数の部分に焦点を当てていたとされている。

    報告書では、ハッカーの成果は必ずしも明らかではないと指摘されている。

    これより前、米司法省は、機密情報へのアクセス権を持つ雇われ労働者を、情報漏えいで訴えた

    タグ
    米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント