18:20 2017年10月19日
東京+ 11°C
モスクワ+ 6°C
    「外国政府から報酬」とトランプ大統領に提訴の構え= ワシントン・ポスト紙

    「外国政府から報酬」とトランプ大統領に提訴の構え= ワシントン・ポスト紙

    © AFP 2017/ Saul Loeb
    米国
    短縮 URL
    222508

    米メリーランド州と首都ワシントンの司法長官が、トランプ大統領を、憲法の腐敗防止条項に違反して「海外政府から莫大な金額を受け取っている」として提訴する方針。ワシントン・ポスト紙が報じた。

    スプートニク日本

    トランプ大統領は、大統領就任後に自身の企業の所有権を放棄していないと非難されている。司法長官らは、トランプ大統領が企業の財政状況の定期報告を受けていると述べた。

    訴訟が認められれば、外国との商取引の規模を特定するためにトランプ大統領から納税申告書が要求されると見られている。

    さらに司法長官らは、去年ホワイトハウスの近くにオープンしたホテル「Trump International Hotel」の活動にも疑念を呈した。当初はホテル「Four Seasons」を予約していたクウェート大使館がトランプ大統領のホテルでイベントを行ったということだ。トランプ大統領の就任後、サウジアラビアもまた、同ホテルの客室を数度予約した。

    この前、トランプ米大統領は、ロシアが米大統領選挙に介入したとされる件に関する議会での公聴会を、納税者の資金を犠牲にして用意された茶番だと指摘した。

    タグ
    ドナルド・トランプ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント